相続の手続き

(生前対策)

  • 遺言書の作成

    死後のトラブルを防ぐあなたが生前に残す財産処分の方法をお伝えする制度。

    詳しく見る
    動画で見る

  • 信託の手続き

    財産のトラブルを防ぐ財産の運用、管理を信頼できる人や専門の機関に任せる制度。

    詳しく見る
    動画で見る

  • 成年後見

    精神上の障害により判断能力が十分でない方が不利益を被らないための援助制度。

    詳しく見る
    動画で見る

 

(死後対策)

  • 不動産の相続

    不動産の相続登記(名義書換)の手続きを行います。登記せずにしておくとトラブルの原因になります。

    詳しく見る
    動画で見る

  • 預金の相続

    預金の相続(払戻し等)の手続きを行います。

    詳しく見る
    動画で見る

  • 相続放棄

    相続手続きには期限があります。プラスやマイナスの財産があるので注意が必要です。

    詳しく見る
    動画で見る

 
 
 

 
お問い合わせフォームはこちら

 
 

金銭トラブル


  • 自己破産

    借金が膨らみ、どうにもならない状況を財産を清算し借金を免除する手続きです。

    詳しく見る
    動画で見る

  • 個人再生

    借金などの返済ができなくなった人が、返済総額を少なくする手続きです。

    詳しく見る
    動画で見る

  • 債務整理

    キャッシングローンや借金を整理して無理のない返済額にする手続きです。

    詳しく見る
    動画で見る

 
 

各種手続き


  • 不動産登記

    土地や建物を登記簿に記載し、不動産取引の安全と円滑を図ります。


  • 商業登記

    土地や建物を登記簿に記載し、不動産取引の安全と円滑を図ります。


  • セミナー開催

    村上眞吾の司法書士セミナーの開催をご案内しております。

    詳しく見る
    動画で見る

 
 
 

 
お問い合わせフォームはこちら

 
 

町の法律家

  • プロフィール

    大学卒業後、実家の町工場を継いで経営をするものの、33歳の時に倒産してしまう。その後、様々な職業を経験したが、すでに司法書士であった弟の影響で、40歳を目前にしながら司法書士を目指す。3年間の勉強が実り、平成23年に合格し、名張市桔梗が丘にて平成24年8月に開業する。

  • 司法書士としての想い

    皆様は、司法書士と聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?私は、ここ名張で、「町医者のような法律家」とイメージしていただけるような司法書士であるよう、努力しております。また、法律的にお困りの方にとって、当事務所は、いつでも気軽に、かつ安心して相談できる場所でありますので、どうぞお立ち寄りください。

  • 会社案内

    会社名 司法書士法人伊達事務所
    代表者 代表司法書士 村上 眞吾
    所在地 〒518-0604
    三重県名張市さつき台2番町48番地
    お問合せ先 TEL:0595-66-5600
    FAX:0595-66-5601
    受付時間 (月~土)8:00~22:00
    ※ご予約を頂ければ、日曜日も承ります。
  • ごあいさつ

メールフォームへのお問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、「入力内容を確認する」ボタンをクリックしてください。
なお、お問い合わせの内容によっては、ご返答が遅れる場合がございます。ご了承ください。
 

  • 会社名

    必須

  • 氏名

    必須

  • 氏名(フリガナ)

    必須

  • メールアドレス

    必須

  • お問い合わせ項目

    必須

    遺言書の作成信託の手続き成年後見不動産の相続預金の相続相続放棄自己破産個人再生債務整理不動産登記商業登記セミナーについてその他

  • セミナーの参加

    参加不参加

  • お問い合わせ内容

    必須

 
 

個人情報取扱いについて

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合
 
当社は、お客さまからお預かりした個人情報を、お問い合わせやご質問に対する回答、当社からのご連絡や業務のご案内のために利用させて頂きます。
 
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 
 

生前、あなたの財産をどのように処分するかを一緒に決めましょう。
死後、財産をめぐるトラブルが予想される場合は、必ず行ってください。
遺言書には、2つの種類がございます。
 
自筆証書遺言
一般的な遺言書です。遺言をする本人が日付や名前を含め遺言書の全てを書くものです。
 
公正証書遺言
公証人に作ってもらう遺言です。遺言内容を公証人に説明し、公証人が遺言書を作成します。公証人以外に2名の証人が必要です。
 
費用について
自筆証書遺言 31,500円(税込)
公正証書遺言 42,000円(税込) ※2名証人代 21,000円、公証人費用別途必要

準備中・・・

あなたが精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力ができず、不利益を被らないように裁判所に申立てをし、援助する代理人を付けてもらう制度です。
後見には、2つの種類がございます。
 
成年後見
あなたが物事の判断ができない状況の場合、特定の人の申立てにより、家庭裁判所が後見開始の審判をし、「後見人」を選任します。
 
任意後見
あなたが物事の判断ができる状況の場合、あらかじめ代理人を選んでおくことです。

不動産の名義変更(相続登記)の手続を行います。
亡くなった方の名義になっている不動産を、あなたの名義に変更する手続きのことを相続登記と言います。

預金口座の名義人が亡くなられ、あなたに預金の相続(払戻し等)を行う手続を行います。

亡くなられた方の遺産相続を放棄する手続きを行います。
遺産の対象は、現金や預貯金、不動産などのプラスの資産及び借金等のマイナスの資産。

あなたの抱える借金の法的な支払い義務を免除する手続きを行います。

裁判所を通じ債務を減額してもらう手続きを行います。
裁判所に申立書を提出するため、手続に必要な資料収集が必要となります。

借金の減額や分割返済などについて交渉を行います。
定められた原則3年(最長でも5年)以内に元金分を完済できる支払い能力がなければ、任意整理を行うことができません。

法律の相談をセミナーを通し開催します。
不安なことはセミナーに参加して知る。色んな分野のセミナーを開催しておりますのでどうぞ起こしください。

Copyright 2019 司法書士法人伊達事務所. All rights reserved.