相続した不動産の売却

 

 

両親がお亡くなりになり「土地」や「不動産」を所有していた場合、今後の管理や固定資産税の支払いなどを理由に処分を考えるケースがほとんどです。司法書士法人ききょうでは、相続だけでなく、その後の不動産の有効な処分方法や売却、売却に伴う残置物の処分なども行っています。
 
遺産分割協議書の作成から必要書類の収集、相続登記や相続した不動産の売却まで、総合的にお手伝いします。不動産を売却した現金により遺産分割したい、不動産をトラブルのないよう処分したいなど、相続不動産の売却についてのご相談を承っております。

 
 

空き家の問題の深刻化

 

 

  • 相続された不動産をそのまま放置していませんか?
    近年、全国で空き家が大きな問題となっています。空き家には、防犯上や衛生上の問題とともに、老朽化による倒壊の危険性が発生しています。
     
    空き家が増えている背景には、相続人ができていない、相続して子に渡っても手に余った不動産であるなど、様々なケースがあります。そして今後、少子高齢化に伴い、更に空き家問題は深刻化していくとされます。
     
    現時点で、所有者不明、相続人不明などの問題ある空き家を集めるとおよそ九州の大きさになるとされています。
  • (2022年現在)

遺言書の作成

 

 

遺言の作成は、相続で問題が起きないようにするための唯一の手段です。
相続する方のためにも遺言書は、必ず作成をお願い致します。遺言作成にあたりご自身の財産整理を行う生前整理なども有効な方法です。残された方のために早めの対処を行ってください。
遺言作成は、ご自身が勝手に作成したものは有効ではありません。公証役場にて作成できる公正証書遺言より作成方法をご案内しますので、お気軽にご相談くださいませ。
Copyright 2022 司法書士法人ききょう. All rights reserved. Design by webfa.